2005年08月28日

簡単にやろうよ。

実はあまり悲観していない。
答えは簡単だと思います。
大きな枠組みとしては

不得意なことはやめよう
得意なことをしよう。


以下の文書は
細部についてウソはない
考えかたも間違いではないと思う
参考にしている考え方は
”海外での真珠の養殖”の実績から・・。

明治から
輸出商品を開発するという大命題が
あってかなり研究つくした商品で
結局輸出商品化されなかった商品に

紅茶がある

静岡では実際製品化されたようだ。

茶どころを何箇所かあげ
それが江戸時代なに藩だったか考えてほしい。
何が言いたいかと言うと
仲の良さそうな藩なんかない
その各々が研究し、ジェトロが研究し
膨大な資料があるはずだ。
実はその一部に触れたことがある。

でも
紅茶!
ダメだった理由は
簡単にわかるハズだ

イギリスいや大英帝国全盛
インド、スリランカの方が圧倒的に近い
質、価格 断然優位

ダメだよね当然。

それに
日本のお茶って国際的に安くない
茶、タバコは基本的に贅沢品
その当時〜今日に至るまでずっと

それに国内消費が増えつづけた
一般の人が今のように飲めるようになったのは
昭和になってから!。
そんなお茶を
不得意な紅茶にして輸出!無理!

さっき国内消費が増えつづけたって書いた。
逆を考えれば生産が増え続けた
どうやって?

それは紅茶を製品化するために
多くの日本人が インドに視察にいって
先進の茶栽培の技術を学んで帰って来たからだ。

こうして紅茶生産には失敗したが
世界最先端の茶栽培の技術を獲得した

めでたし、めでたし

って この技術を使おうよ アフリカに!

日本人が得意でしょ
       お茶の栽培、
       お茶の品質向上

そもそも 緑茶の格付けって日本人が決める!。

理屈っぽく
コーヒー豆のフェアトレードなんて考える必要ナイナイ。

もし、アフリカの人が摘んだコーヒーは飲めるけど、
   アフリカの人が手揉みしたお茶は飲みたくない人が
   いたらその人にいおう

フェアじゃない!って

これとまったく同じ構図が
海外での真珠の養殖 成功している。

posted by ddnodtty at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。