2005年08月11日

レンズで太陽の光を一点に

集めるかのように
物事には収束点というものがある。

「不自由非民主党」の議員と
「不自由非民主党」の支持者のみなさん

今回の解散の最終的な収束点は

「民主党圧勝」や
「小泉自民党辛勝」などではない

収束点
小泉純一郎さん VS 平沼赳夫さん の 首班指名選挙だ。

あなたが自由民主党の支持者なら この意味がわかるはずだ。

造反議員が選挙で勝ち
  自民党からの公認がえられていなけらば
  首班指名選挙で 誰に投票 されるのか?
  民主党支持者でも
     「岡田党首にお願いだから入れてください。(ペコリ)。」
  は、ナイ、ナイ、ナイ、ナイ、ナイ、ナイ、ナイ
    いくらなんでもそれは 無い。
    首班にはそれなりの方にお願いするしかないだろう。

  では
  自民党からの公認がえられていれば
  無条件に 小泉さんを 首班指名するのか。
  
そのためだけに 公認されて どうせ党内では 冷や飯だぞ。

小生、自由民主党の支持者なので 平沼先生にここはお願いしたい。 
 

posted by ddnodtty at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。