2005年08月10日

今回の解散は

やっぱ 名前つけてみようか。
シャレで

そうだな

一和会 VS 山口組 解散

       っていうのはどうだろう

「公党を馬鹿にするな。」

って 言われそうだけど

バランスをとる為に言わせてもらえば

民主党は 稲川会 ってとこだと思う。

結局、山口組が2つに割れて、
ゴタゴタ
  ドロドロ
    血で血を洗う
      内輪もめしている間に

大きな 利権を 失う。
そして 大阪の盛り場がそうであるように
    海外マフィアの金城湯池ってことになる

でも、ある意味
     自民党も普通の政党

そう、
   民主党 みたいに
     「党内にいても 内部対立で 疲れるだけだし
      首長選挙にでぇよぉ〜っと

ってなると思うね。

だから、今回の選挙の
       勝ち負けも大事だけど

議員さんたちは首長選挙が戦える体制を作るべきだと思う。

そう考えたときに
    郵政公社の地域分社化が必要だと思う。

    機能別4分社化は
    駄目、ダメ、駄目、ダメ、駄目、ダメ、駄目、ダメ

今は郵政省と自治省その他ができて
    総務省
     ある時代だ。
     せっかく、自治省と
          くっついたんだ 

それを生かさなきゃ
    駄目、ダメ、駄目、ダメ、駄目、ダメ、駄目、ダメ

ゆえに、今回の郵政公社民営化法案がこけて 本当によかったと思う。
    信金・信組が都道府県の監督から 金融監督庁の監督になった

結局、すべて竹中平蔵の管轄下に置きましょう。
そしたら 
安心
これは 異常だ。

posted by ddnodtty at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5776630

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。